2017年4月19日水曜日

カメラの買い替え Bird photos by Panasonic LUMIX DMC-G8 with 100-400 zoom Lens

仕事で使う写真のために購入し、10年以上使ってきたC社のデジタル一眼レフカメラと100-400mmズームレンズのセット。双眼鏡+デジタル一眼の頸掛けはかなり重量的につらいうえ、最近野外で使用しているとシャッター音が大きく感じることが増えてきたので、ほぼ無音という設定ができるミラーレス一眼に機材を総入れ替えをしました。

レンズは以前と同じ100-400mmを購入。ボディとレンズに手ぶれ補正がついており、相互補正で手持ち撮影でも画面はほぼ止まるような状況。さらにボディもレンズも防塵防滴というのがありがたいです。自然を撮るには雨天決行もごくごく普通にありますので、製品開発技術者に心からの感謝です。

以前はレンズだけで1.5kgはあり、ボディと合わせると2kg以上。しかし今回のセットで総重量はボディ505g+レンズ985g=1490g。格段に軽くなりました。

昨晩開封。充電して今日から早速練習。

アオゲラ Japanese Green Woodpecker

ヒヨドリ Brown-eared Bulbul

オオバン Coot

ウワミズザクラの白い花もきれいに咲いていました。
Japanese Bird Cherry

ヨシガモ Falcated duck

シャッター反応速度と画質には大満足。沼の真ん中にいたヨシガモ雌はトリミングでも証拠として十分の画質でした。

相変わらず私は飛びものは苦手です。しかし1/10枚くらいは私の腕でもピントが合っうので、こればかりは数を稼ぐしかなさそうです。後の画像選択の手間がかかってしまうため連写をしないようにしていますが、いろいろなピント合わせ機能がついている機種なので、時々は性能確認がてら、挑戦してみようと思います。

ツバメ Barn Swallows

I have changed my camera for Panasonic LUMIX DMC-G8 with 100-400 zoom Lens to take bird photos. The camera is very quiet, light weight (total only 1,490g!). Anti-shake mode, dust and rain proof are equipped on camera body and lens both. It is great for field users.

Some friends of mine suggested me to check GH5 before buying G8 however it is over performance for me, especially high number of pixels and movie function. Even though these are nice to high quality solution, I expect to need external hard disk more and more to save data. As my result, G8 is my best.

2017年4月16日日曜日

サクラソウ

田島ケ原のサクラソウを見に行きました。

動物園にて

去年の話ですが、取材先の近くに動物園があってそこで産まれたミーアキャットの子供と遊んできました。

ミーアキャットの子供!
https://www.youtube.com/watch?v=IQlYymGl56U

2017年4月13日木曜日

一度に3個体

4/7、埼玉県で、おや?というヒドリガモに出会いました。それも一度に3個体。




一番下の写真は下嘴の根元の黒色部がちょっと大きくて脇羽は白くない個体。

2017年4月11日火曜日

海鳥観察新ルート!

平成30年6月、宮古・室蘭間に新しいフェリー定期航路が開設されます。

川崎近海汽船株式会社が北海道室蘭港と宮古港を結ぶフェリー航路の開設
平成30年6月から、1日1往復で運航
http://www.city.miyako.iwate.jp/kanko/miyako-muroran-ferry.html

10時間の航海。海鳥の観察によさそうですが、室蘭発が20:00発ですので、宮古発の便のほうが午前8:00発で観察には向いていそうです。

楽しみです。

2017年4月10日月曜日

初めての粟国島

3月に渡り鳥を期待して初めて粟国島に行きました。鳥の姿はまだ少なめでしたが、ヤツガシラをたくさん観ることができたうえ、その年初めてのオオルリなども堪能できましたし、日によって観察できる鳥の種類が大きく変わることも、興味深かったです。

感激でした。

Blue-and-White Flycatcher

Hoopoe

2017年4月5日水曜日

ヤンバルクイナ、再度絶滅の危機に Okinawa Rail Crisis again

3月25-30日まで沖縄へ行っておりました。

やんばるの森の中で長年進めてきたマングースと猫の対策の成果が出て、ヤンバルクイナの個体数増加のニュースが聞いていたので、さぞ観察しやすいかと思っていましたが、現在やんばるの森の中で野犬が増加しており、野犬(ノイヌ)の群れの行動範囲となっているエリアではヤンバルクイナの気配がないという事態になっていました。

「飼い犬捨てないで」 国頭に野犬の群れ数十匹 人追い、クイナ殺す
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-350853.html
RBC THE NEWS「ヤンバル 野犬問題が深刻に」2017/04/04
https://www.youtube.com/watch?v=Y0xJpICIkR0

世界遺産の登録を目指す沖縄・やんばる。早急な対策が必要です。現在野外にいる犬を悪者にしない策(まずは全頭捕獲だと思います)が順調に進むことを祈ります。


The Okinawa rail, an endemic bird & living in sub-tropical forest around the North Okinawa in Japan  (It is called the Yambaru) , has crisis to extinct again by stray dogs. Okinawa sub-tropical forest brings up endangered wildlife, the okinawa rail, for good example.

The big issue will be a serious problem to be added the list of the world Natural Heritage Site in near future. Ministry of the Environment need to start catch them as soon as possible to save endemic & endangered wildlife in Yambaru.

2017年3月19日日曜日

「偽卵」抱かせて繁殖ストップ 水戸市対策  yahooの記事より

水戸市でコブハクチョウの個体数管理の取り組みが始まります。全国のコブハクチョウにも、ぜひこの取り組みをして全国的に水生植物保全に弾みがつくことを期待したいと思います。

「偽卵」抱かせて繁殖ストップ 水戸市対策
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170318-00000042-mai-soci

2017年3月18日土曜日

春を探しに Satoyama in Spring

3月16-17日、春を探しに里山へ行ってきました。
I took a walk around Satoyama.

カントウタンポポ Japanese dandelion

テングチョウ Nettle-tree Butterfly

トラツグミ White's Thrush
地面を歩いていました。この日だけで5羽も見られました。

メジロ Japanese White-eye
ヒヨドリがいなくなった場所を選んで来ていました。

カシラダカ Rustic Bunting
この個体はまだ冬羽ですが、眼に映る陽射しが春でした。

タシギ Common Snipe
枯れ草に紛れて眠っていました。北国へ向かう前の一休みでしょうか。

アトリ Brambling
ずいぶん頭が黒くなってきました。

コチドリ Little ringed plover
こちらも顔が黒くなり、黄色いアイリングもはっきりしてきました。

イカル Japanese Grosbeak

たとえ枝かぶりであっても、イカルは高木の高いところに止まっている姿が一番イカルらしい姿だと思っていて、そういう姿を見るのが私は好きです。

2017年3月16日木曜日

BIRD CALL~光の中で 中村利和写真展のお知らせ

野鳥写真家の中村利和さんの写真展が開催されます。

BIRD CALL~光の中で
https://www.birdcall.info/blank-3
3/31-4/6
ギャラリー・アートグラフ
所在地: 〒104-0061 東京都中央区銀座2丁目9−14 銀座ビル 1F
電話: 03-3538-6630

有楽町線銀座一丁目駅から徒歩1分
銀座線銀座駅からは徒歩3分
という便利な場所での開催です

中村さんの優しいお人柄の出ている写真の素晴らしさは、私の言葉で伝えるよりも、まずは写真をご覧いただくほうが格段にいいので、余計なことはいいません。

ぜひ会場へ。中村さんは期間中、会場にいらっしゃるとのことです。

2017年3月13日月曜日

「間に合った」風景

2月27-3月2日、九州を旅してきました。

日本にもまだこんな光景が残っていたことに感激。特にハマシギの大群の羽音を聞いたのは初めての経験でした。星野道夫さんがたしか「長い旅の途上」という本の中で、大群の旅をするカリブーの姿を見て「間に合った」と表現されているのですが、私もこのシギチドリの大群を見て、そんなふうに思いました。

おそらく戦前の日本ではどこでも見られたのでしょう。このような光景がまた日本の干潟で普通になるように、環境保全でできることには取り組んでいきたいと思います。

確定申告

確定申告をしてきました。無事に終了。e-taxも勧められますが、やはりミスがあってはいけないことですし、税務署の皆さんも親切ですので私は税務署で手続きするほうが安心です。

2017年3月3日金曜日

近くで観察できました Osprey

ミサゴを近くで観察できました。

Osprey

2017年2月25日土曜日

3001日ぶり

先日、黄色いプラスチックの標識をつけたカワウを都内で発見したので写真とともに記録を送付したところ、2007年3月17日に東京都内でリング装着されて以来、初めて確認された個体だとわかりました。実に3001日ぶりだったそうで、非常に珍しい例になるとのことでした。生存確認ができたことをとても喜んでくださいました。

これからも標識されたカワウを見つけたら、記録を送付していこうと思います。

3001日ぶりに生存確認された個体!

標識カワウを観察したら、以下のサイトに載っている必要情報を添えてぜひお願い致します。

カラーリングがついたカワウを見つけた

2017年2月24日金曜日

虹彩

噂の鳥を見に行ってきました。虹彩がやや黄色でした。ムムム…

2017年2月17日金曜日

Young Guns 連載最終回

文一総合出版発行の野鳥雑誌「BIRDER(バーダー)」3月号に掲載のYoung Guns 連載最終回でヤマシギの探索方法について書かれていたのでそれを参考にしたところ、16日18:00ころに3羽を観察できました。以前から時々単独での観察できてはいたのですが、今回初の複数確認となりました。身近な自然で特別なものがあるエリアではないのですが、彼らにとって大切な環境であることがわかって嬉しかったと同時に、地域の鳥類相を調べるにはさまざまな手法を用いる必要性も改めて感じました。

Young Gunsの皆さん、連載お疲れさまでした。充電しっかりして、濃い連載の再開を心から待っております。

ヤマシギの画像のストックがないので、そのほかの鳥で。


2017年2月13日月曜日

キジバトを探して… Oriental Turtle Dove

アオバトを描く仕事があったのですが、この時期に会うのは難しいため、キジバトを観察しようと出かけたのですが、ゆっくりしているキジバトがいなくて、さまようことに。

Oriental Turtle Dove

いつもはごくごく普通にいるキジバト。普段の出会いを大切にしなくてはと感じた時間でした。帰宅後、出会えたキジバトを参考にして無事にアオバトを描きました。

今回のキジバト探しで、コイカルにも会いました。久しぶりの観察で予定よりちょっと帰宅が遅くなってしまいました。

Chinese Grosbeak

2017年2月8日水曜日

バスタ新宿

高速バスに乗るため、初めてバスタ新宿へ行きました。ごちゃごちゃとしてあちこちに散在していた新宿のバス乗り場がまとまって、非常に使いやすいです。新宿新南口からはエスカレーターで上がればすぐです。

北海道以外、本州各地、九州も四国もここから行かれるとは、すごいです。行き先を決めずに来て、ふらっとここで行き先を決めてもおもしろい旅ができそうです。しかも、安い!中国人の方もかなりいて、自販機で手際よく切符を買っていました。時代は変わりましたね。留学先見学のため、初めて行ったロンドンのバスターミナル窓口で切符の買い方がわからずにオドオドしていた昔の自分とは大違いです。


訪問先ではミコアイサが近くで観察できました。
Smew

カワアイサがいっぱい!
Goosanders

2017年2月3日金曜日

大きさの比較 Comparison of size

図鑑で数値の違いは知っていても、実際こうして比較できる状況で見ると納得です。

Lapwing and Gray Starling in one image

2017年2月1日水曜日

カワセミ Common Kingfisher

久しぶりに、カワセミの写真を撮りました。
雄で良いと思います。



2017年1月31日火曜日

JR四国、乗り放題!

JR四国が4月1日以降、出発日が誕生月の人とその同行者を対象に、新たに企画乗車券「バースデイきっぷ・普通車自由席用」を設定するそうです。今はグリーン車だけだったのですが、自由席バージョンができて、便利になります!

有効期間は3日間、値段は9500円。

https://trafficnews.jp/post/64019/

利用の仕方がいろいろ考えらる、楽しみな切符です。

2017年1月29日日曜日

ナホトカタンカー事故から20年

1/28に法政大学で行われたシンポジウム
「私たちは海洋災害にどう対処すべきか〜ナホトカ号油流出事故から20年」
に行ってきました。
http://www.wbsj.org/activity/event/nakhodka-symposium/

当時の現場対応のたいへんさはもちろん、今後のリスクについても触れられ、非常に有意義な情報をお聞きすることができました。

海に囲まれた日本。海洋汚染に対して、一人一人が「明日、起きるかもしれない」という意識をもっていることが、とても大事だと感じました。

2017年1月27日金曜日

若者に朗報!春は鉄道旅で九州の鳥を楽しもう!

JR九州から、18-24歳までの若者向けに、破格の特別割引切符が販売されます。

発売期間は2月1日(水)から3月31日(金)まで、利用期間は3月1日(水)から4月3日(月)まで。きっぷはJR九州の駅にある「みどりの窓口」などで、乗車日の3日前まで発売されます(購入と乗車時は年齢を確認できる証明書が必要)。

ご利用の際は、以下のサイトをしっかり確認してください。

JR九州 ガチきっぷ
http://www.jrkyushu.co.jp/news/__icsFiles/afieldfile/2017/01/25/20170125gatikippuharugenntei.pdf

2017年1月26日木曜日

アカエリカイツブリ Red-necked grebe

内陸湖でアカエリカイツブリを観察できました。非常に遠くで、近くに来てくれないかと思っておりましたが、ずっとこの位置で落ち着いていました。

しかし、同じ距離にいた白っぽく見えるカンムリカイツブリとの違いをしっかり認識できたのは今後の観察でも役立つ経験。何はともあれ望遠鏡を持って歩くことが大事です。重くても、やはりがんばって持ち歩かねば。

Red-necked grebe

2017年1月25日水曜日

お尻ばっかり 

風の強い日、電線に止まっている様子を下から撮ったら、お尻ばっかりになってしまいました。

2017年1月18日水曜日

群れる鳥はやはり一度は群れで見たい  South Hokkaido in winter

South Hokkaido in winter is one of the hot-spot of bird watching in Japan, especially Brant. Also you can enjoy some birds of prey, Sea-Eagle (Steller's and White-tailed), Peregrine Falcon and Mountain Hawk-eagle, and more wonderful birds.

Check photos below, please!

関東に現れるコクガンは、単独か多くても数羽のことがほとんどですが、12-13日に行った道南地域では群れが飛来しており、地元の方のご協力を得て、廻っていただきました。

互いに声を出していたり、ちょっとしたイザコザがあったりして、群れでの生態はやはり単独や少数の状態とは違いました。。群れる鳥は、やはり「群れ」で見ておくことが大事だと感じました。

コクガン Brant


また、これまで私は幼鳥と成鳥の見分けでは些か自信がなかったのですが、群れの中にいろいろな状態の鳥がいて、今まで悩んでいたポイントを個体を多く観ることで改めて確認できたのも収穫でした。最高で95羽の群れを確認、海岸を2日間かけて見て総数はなんと270羽。

実は今回、2016年にレナ川河口でのコクガン標識個体を探すことももう一つの目的だったのですが、見つけることはできませんでした。

コクガン調査支援のお願い 

そう簡単には見つからないものですね。でもコクガンを見る機会があるときは、これからも足環の有無に注目していきたいと思います。


オジロワシは夫婦で寒さをしのいでいました。
White-tailed Sea Eagle

一度だけ、クマタカとの出会いもありました。
Mountain Hawk-eagle

Common Teals with Baikal Teals

Red-breasted Merganser

Glaucous-winged Gull

 Harlequin duck

東北へ Winter Birding in North East Japan, along the Pacific coast

2017年1月11日、東北の海岸線へ行ってきました。今冬最強の寒波が来て風の強かったこの日、港は大波から避難してきた鳥たちで大賑わいでした。心配していた雪は降っていなかったのですが、案の定、非常に寒かったです(笑)。観察は1時間が限界でした。

オオハム(だと思っています)Black-throated Diver

ヒメウ Pelagic Cormorant

ハジロカイツブリ Black-necked Grebe

コクガン Brant

クロガモ Black scoter

シノリガモ Harlequin duck

ウミスズメ Ancient murrelet

港では電柱を風よけにして海鳥を観察していたら、脇を車で通る方々に何度も「何をしているの?」声をかけられて、鳥を観ていると応えると不思議そうに見ていました。14日には、地元の方に改めてご案内いただいたのですが、11日に私が車なしで港で鳥を観ていたことを伝えると、驚いておられました。

でもやはり鉄道での移動は、その“地域の時間の流れ方”が感じられて、一人旅にはいいですね。毎回は無理ですが、いろんな意味で余裕のあるときは、そういう鳥を観る旅もしていきたいです。


国鉄時代からのディ—ゼル車両が現役。天井の扇風機が「昭和」です。


今後、少しずつ新しい列車に置き換わっていくのでしょうけれど、これからも東北の足として、がんばっていってほしいです。

新幹線はやっぱり速い!