2017年12月12日火曜日

Visiting Waterfowl Spots カモ探訪

On 5th December, I went with a young birder to several ponds and rivers where ducks are likely to come, the places I had never visited before. It was fantastic time to think about the reason for ducks to come, habitat, feeding, for example. It makes me and her happy hours to know birds more.

これまでなんとなく機会を逃して訪問していなかった場所へ、バードウォッチング仲間と一緒に行ってきました。最近、関東の池でカモが一カ所にたくさんいる光景が少なくなったような気がしていますが、久しぶりに多くのカモがまとまって休む光景を見ることができました。うまく言葉にできないのですが、冬にこういう情景に会うとなぜか私はほっとします。

人が近寄っても岸に積極的に寄ってくるオナガガモがいなかったのが印象的でした。餌をやっている人の気配がない中で、これだけの数が集まっているのはなぜなのか、謎も深まりました。周辺の田んぼは乾田ですし、近くの川もそんなに川幅が広くはありません。地図とにらめっこしながら、この数を支える採餌場所がどこなのか、突き止めるのも楽しそうです。

Wonderful number of Ducks (mainly Pintail and Pochard)

Mallard

別の場所ではコハクチョウが16羽を観察。止水で観ることが多いハクチョウ類ですが、速い流れに逆らって泳ぐ姿を見るのは初めてで、なんだか不思議な感じがしました。しかし、ある一面だけを見てその鳥の印象を決めてしまっていたのは自分です。いろいろな“その鳥の姿”に出会うことが大事だと感じました。

Tundra Swans swimming in fast stream