2017年6月27日火曜日

季節を変えて

6/24、急用で出かけた先の帰り道、とある有名探鳥地へ立ち寄りました。シーズンオフ?なのか、現地には誰もいませんでしたが、夕方にムクドリやツバメのねぐら入りで、壮大なドラマがありました。

Large flock of Grey Starling

ムクドリのねぐらは街路樹などが多いのでヨーロッパや英国のホシムクドリのねぐら入りのように “上空をうねって” 飛ぶシーンは見られないと思っていました。

しかし、上空が開けているこの場所では何度か “上空をうねって” 飛ぶ場面が見られました。英国留学時代に、街の外れにある大きな橋をねぐらにしていたホシムクドリのねぐら入りが壮大で何度も見に行っていたので、日本でも同じように見られる場所があることを知り、何だかとても嬉しかったです。

ムクドリのねぐら入りが落ち着いて、だいぶ暗くなってから本格的に集まり始めたツバメ。上空にものすごい数のツバメが鳴きながら乱舞していました。私がいたらねぐら入りに影響があるかもしれないので、車中でしばらく待機して群れがヨシに止まった頃を見計らってそーっと見に行くとヨシに止まって休む姿が観察できました。

Roosting Barn Swallows in Reed bed.

時期をほんの少し変えただけで、こんなドラマがあることは全く知りませんでした。今まで自分の見ていた風景は、この環境のほんの一部分でしかなかったことを感じ、いろいろな環境を季節を変えて、できるだけ訪問していきたいと思うようになりました。

6/27は、近所の川でササゴイを再び確認。イカルチドリも観察できました。身近な場所と遠い場所の両方での観察を大切にしていきたいと考えています。

Green-backed Heron